アメリカの大手投資銀行

1995年に全面改正された保険業法の定めに基づいて、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生命保険会社もしくは損害保険会社のどちらかであり、2つの会社とも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社でないと実施できないのです。
保険とは、予想外の事故により発生した主に金銭的な損失を想定して、賛同する複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、集まった積立金によって不幸にも事故が発生した者に保険料に応じた保険金を給付する仕組みです。
平成10年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務を分割して、総理府(現内閣府)の新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として金融監督庁(のちの金融庁)が設置されたわけです。
つまり「重大な違反」になるのかそうでないのかは、監督官庁である金融庁において判断するものである。大部分のケースでは、つまらない違反がたぶんにあり、それによる効果で、「重大な違反」判定されてしまうもの。
紹介されることが多い「銀行の経営、それは信用によって成功する、もしくはそこに融資する値打ちがあるとは言えないと判定されてうまくいかなくなる。どちらかだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法により、保険を販売する会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社に分かれて、いずれの場合も内閣総理大臣からの免許を受けた者を除いて行えないとされています。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスの内容⇒今までの銀行預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座間なら、株式等の購入資金、売却益などが手続き不要で振替してくれる画期的なサービスである。同一金融グループ内での顧客の囲い込み戦略です。
このように「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」以上、3機能についてを銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務、そしてその銀行の持つ信用によってこそ実現されているのです。
格付け(信用格付け)を利用するメリットは、難しい財務資料の内容が理解できなくても知りたい金融機関の経営の健全性が判断できるという点にあり、ランキング表で複数の金融機関を比較することも可能です。
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんしました。これが起きたために、金融史上初めてペイオフが発動して、日本振興銀行の全預金者の3%程度とはいえ数千人が、上限額適用の対象になったのだと考えられている。
そのとおりロイズと言えばシティ(ロンドンの金融街)にある規模・歴史ともに世界有数の保険市場を指す。法律の規定で法人とされた、ブローカーとそのシンジケートが会員である保険組合を指す場合もあります。
中国で四川大地震が発生した平成20年9月に大事件。アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したのです。これが発端となって歴史的な世界的金融危機の引き金になったことから「リーマン・ショック」と呼ぶようになったわけだ。
知っておきたいタンス預金。インフレの局面では、物価が上がれば上がるほどお金の価値が下がるという仕組み。たちまち暮らしになくてもよいお金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品に変えた方がよいだろう。
ここでいう「失われた10年」という言葉は、国、もしくはどこかの地域における経済が10年以上の長い期間にわたって不況、停滞に見舞われた時代を語るときに使う語である。
我々の言う「失われた10年」というキーワードは、一つの国、またはある地域の経済が10年以上の長きにわたって不況と経済停滞に直撃されていた10年を表す言い回しである。